板橋区演奏家協会のサイトです

板橋区演奏家協会の発足

板橋区立文化会館の開館した昭和58年、板橋区では若手音楽家の育成事業として、第1回クラシック音楽オーディションを開催しました。

その合格者により、翌昭和59年、板橋区演奏家協会が設立されました。

初代会長には、オーディションの審査委員長を務めたピアニストの神野明氏を迎え、文化会館の主催事業として、協会員による演奏会を開催することになりました。平成22年より前年、神野明氏の死去に伴い、ピアニストの佐藤俊が会長に就任しました。

活動当初は「ジョイントコンサート」を開催していましたが、メンバーの増加等に伴い、第12回演奏会(昭和62年)から、名称を「ライブリーコンサート」と改め、さらに第16回(昭和63年)からはサブタイトルをつけて、企画内容を統一したテーマコンサートの形を開催するようになりました。

またこの頃から、協会運営も文化会館の担当者から協会員の自主運営に任されるようになりました。

運営については、当初、メンバー全員が携わっていたのですが、 メンバーの増加等に伴い、メンバーで構成される役員会が置かれました。

板橋区演奏家協会の現在

若手音楽家の育成事業ということで設立された板橋区演奏家協会ですが、長期にわたって存続してきた結果、第一線の音楽現場で活躍している協会員も次々と出てきています。今後も営利を目的としない演奏会の開催という本来の活動を、今後も続けてゆきたいと考えております。

板橋区演奏家協会 事業内容

ライブリーコンサート 板橋区演奏家協会設立以来の中心的事業です。

協会員に演奏発表の機会を提供すると共に、区民に廉価で音楽に親しんで貰おうという趣旨で続けられています。

毎回、サブタイトルをつけて、テーマ性のある演奏会としております。

ファミリー音楽会 昭和63年から始まった企画です。

ライブリーコンサートよりもさらに、親しみやすい演目と見せ方を心がけ、小さい子供連れのお客さんでも楽しめるようになっております。

区役所ロビーコンサート 板橋区役所まちあいホール(1階ロビー)にて月一回開催されている、お昼休み中の30分間の無料ミニコンサートです。

年間12回のうち、3回を板橋区演奏家協会が請け負っています。

ロビーには簡易な舞台と客席がしつらえられますが、オープンスペースなので、誰でも気軽に入ってきて聴くことができます。

その他 区内外の学校・企業・施設などからの依頼で出張コンサートをおこないます。 板橋区立熱帯環境植物園グリーンドーム、住宅販売会社(株)リブランなどから何度も依頼を受けました。 また、協会員の自主企画演奏会を、ライブリーコンサートなどとは別個に開催することもあります。